とんがったスタイル memoly 情報システムの企画・開発・運用・保守

トップ サービス ソリューション 会社案内

リクルート

新卒採用
キャリア採用
仕事内容
イベント情報
メモリーって
トンガリスト図鑑
インターンシッププログラム
社長からのメッセージ
走れ!とんがりくん
お問合せ
リクルートTOP
社長メッセージを聞け!
採用担当者のブログ
Facebook
リクナビ
マイナビ
若者応援企業

インターンシッププログラム
インターンシップ体験記Q&A 研修情報 インターンシップ エントリーフォーム 募集要項 FAQ
インターンシップ体験記



2011

 

日本福祉大学 健康科学部 福祉工学科 3年
鈴木 悠矢

インターンシップ参加の動機

私がインターンシップに参加した理由のもっとも大きなものは社会の実際の現場を経験してみたいというものでした。普段からバイトなどをしているわけでもなく、社会人と接する機会、社会と接する機会などありませんでした。接する機会といえば、学校や家だけで、社会に出たらどのような評価をされるのだろうと思ったからです。

大学では、システムの設計やネットワークの設計といった情報分野を学んでいます。その中で今まで学んできた知識や技術が生かされそうに思えたからです。また、メモリーのWebページにもある「とんがったスタイル」という独自のコンセプトの内容にとても興味を惹かれ、「元気のある会社」という印象を受けたので、実際にどのような雰囲気なのか体験してみたかったというのがメモリーを研修先に選んだ理由です。

研修の成果

インターンシップに来る以前の私は、声も小さく人前で話をするのも苦手でした。さらに、大学での授業はほとんどが午後からで、寝起きする時間もバラバラで、朝食を抜くことも多く不規則な生活をしていました。インターンシップの2週目の初日に、「たぶん大丈夫だろう」という軽い考えと、寝坊をしてしまったということもあり、朝食を抜いて出社しました。しかし、案の定その日の午前に体調を崩してしまいました。この経験から、次の日に備えてしっかりと睡眠すること、朝はしっかりとメニューを考えたうえで食べることを心がけ、仕事に支障のないように万全に出社し、規則正しい生活を送ることができるようになったと感じています。規則正しい生活をして、朝から元気にあいさつや返事ができると、自分も周りの人も気分が良くなります。

また、何事にも積極的に取り組む姿勢、目標を決めることの大切さを学びました。初日から10日間電話の仕事をやらせていただいたのですが、はじめは、緊張したり、断られることへの不安でいっぱいで、ネガティブな考えばかりしていました。徐々に不安もなくなり、怒られても断られてもいいから、電話をかけ続けなければと思うようになりました。なかなか獲得できないときは、リストのせいとか時間のせいとか挙句の果てには性別のせいにまでしてしまいました。人のせいや環境のせいではなく、成果や質の向上が見られないのは、自分自身の責任で、ただたくさんやるのではなくて、いろんなことを考えながら量をこなしていき、やり方を工夫すれば質が向上し、成果につながることを学びました。ほかにも複合機の組み立てや搬入、総務では伝票の整理などいろいろな仕事を通して、体験して仕事をする上では、いつも効率性や質の向上を目指して考えており、チームワークも大切だということを感じました。

今後の目標・夢

私は大学で情報科の教員になることを目標にして学んでいます。情報の授業では情報の倫理から技術まで幅広く、楽しく関心が持てるように教える必要があります。そのためには、多くの知識などをしまっておく引き出しが必要になります。その引き出しは今のままでは全然足りなく、しまうべきものがしまえない状態です。だから、今からできることは、本を読んだり、友達と遊んだり、遠くへ旅行に行ったり・・・とたくさんの物事をし、そこから体験したことを知識という財産にしていくことだと思います。これを達成させるためには、インターンシップで学んだことを忘れずに行動することだと思います。また、2年間、情報関連の資格であるCCNAの勉強をしているので最後まであきらめずに必ず合格したいと思っています。

感想

今回メモリーにインターンシップに来て本当に良かったと心から思えます。もし、来ていなかったら自分自身の悪い点に気づくこともできなかったし、考え方の変化もなかったと思うからです。社会人の大変さ、いろんな人がいて苦労もしている中で私は自己中心的で人や環境のせいだとか言い訳して逃げていたのだと思いました。メモリーに来たことで、私の変わるべき点を見つけることができたので、ここでの経験を忘れずに目標に向かって行けたらいいと思います。自分の悪いところを、嫌われるのを承知で指摘してくださったこと、いろいろとお世話をしてもらったことには、中村社長含めみなさんに感謝しています。

TOP
 

日本福祉大学 情報社会学部 人間福祉情報学科
石川 一帆

インターンシップ参加の動機

自分がインターンシップに行った理由は大きく分けて二つあります。
一つは後に控えている就職活動の対策として。
もう一つは自分を変えるという思いからです。自分は人前で話たり発表するのが小さいころから苦手であり、大学に通っている今でもまだ苦手意識が残っていました。このインターンシップはそんな自分自身を変えるためのいいチャンスだと思い、参加を決意しました。

研修の成果

メモリーに三週間インターンシップへ行き自分は多くのことを知り、気づき、学べることが出来たと思います。中でも初日に聞いた『ビジネスは殺し合いと同じ』という言葉は今でも印象に残っています。これは仕事とは客の取り合いであり、客を奪われた会社は殺されたのと同じである、と言うことです。仕事をするということはそれだけ真剣であのだと学ぶことが出来たと思います。

それ以外にも自分が知らない、又は気づかなかった欠点も少しばかりですが知ることが出来ました。自分では目を見て話しているつもりでも、実はまったく違う方向を向いて話していると言われました。言われた当初はショックでしたが、インターンシップに行かなければ知らないままだったことを考えるとこれも学べた成果だと思います。もう一つ、自分が気づかなかった点があり自分は照れ隠しや誤魔化す時に笑ってしまう癖があると言う事でした。これは相手に良いイメージを与えることは無いそうなので、これから気をつけていかなければいけない点です。また、インターンシップ先で行った仕事から学べたこともあります。

電話をかけると言うことを十日間やらせて貰いました。手伝いをする上で気持ちの切り替える事の大切さを学びました。
一日で百件以上の電話を掛けるので断られるたびに落ち込んでいては仕事にならず、すぐに気持ちを切り替え次に進まなければいけないのです。これ以外の場面でも必要な力である為、ここで学べたのは凄く良かったと思います。

今後の目標・夢

今後の目標や夢に関してですが、今はまだこれだと思える物が見付かっていません。とにかく今は目の前にある事からしっかりと確実にこなしていく事が今の目標です。
前に進むことで今まで見えてこなかった部分もきっとあるので、そこから自分の夢が見付かるかもしれません。その為にもまずは小さくとも確実に前進して行きたいと思っています。

感想

このインターンシップで自分は色んな事をすることが出来ました。
学校や家では恐らく体験することは難しいこともあり、3週間という長いようで終わってみるとあっという間でむしろ短く感じました。

振り返ってみると我ながら情けない部分も多く、色んな人にご迷惑を掛けたのだと思います。しかし、この体験のお陰で自分は変わることが出来たのだと思います。

確かに変わった部分は少ないかもしれません。しかし、こんな自分でも変わることが出来ると言うことを知ることが出来たのが一番の糧だと感じました。
このインターンシップを切欠に、自分に自信を持ってこれまでしてきた事や新しく始める事などこれからする全ての体験や経験を糧としてもっとずっと強く成長し続けて行くよう頑張っていきたいと思います。
3週間、本当にありがとうございました。

 
TOP
 

日本福祉大学 福祉経営学部 3年
鈴木 実

インターンシップ参加の動機

私は社会というフィールドで、自分がどれだけ戦うことが出来るかを確かめてみたいと思っていました。社会に出る準備をするために学んできたこの大学での2年間。その成果を実際の現場で試してみたいと考え、このインターンシップへ参加することを決意しました。

今の自分は社会に出て、どれだけ人の役に立てるのだろうか。今の自分には何が足りないのだろうか。そのことを知るためには大学で専門的な勉強しているだけではダメでしょうし、家で社会人のルールやマナーの本を読んでいるだけでもダメだと思います。水泳で例えるならば、泳ぎ方を知っているだけでは泳ぐことはできないということです。泳ぎ方は家でも学ぶことはできます。インターンシップでは現場でしか学ぶことのできないことを1つでも多く学ばせていただこうと考えていました。そのような意味合いで、自分の全力を出し切って実際の現場で戦ってみることが必要だと思ったのも大きな要因のひとつです。

研修の成果

このインターンシップを通して私が得たものは「物事に対する姿勢」です。まずはメモリーのスタッフさんやサービス営業の際に出会う他社のスタッフの方など人に対する姿勢です。私がインターンシップ中に心がけていたことは、会社で出会う全ての人を社長さんだと思って接するというものです。社会人として当たり前のこと(あいさつ、笑顔、話し方)は1つ1つを意識してやることは難しいことです。これらのことは無意識にできるようにならなければいけないことだと思います。そこで私は目の前にいる人が社長さんだと思って、全力の笑顔であいさつをするようにしました。それは、目の前にいる人がすごい人だと思ったら、チャンスだと思い無意識に最高のあいさつができるはずだと思ったからです。その結果、目の前の人を大切にするという当たり前のことを徹底することができ1つ1つの出会いに全力で向かう姿勢を学ぶことができました。この姿勢は今後の人生で必ず大切になるものです。これからも目の前の人、目の前の出会いを大切にして全力で取り組む姿勢を忘れないようにしていきたいです。

仕事に対する姿勢はどんな仕事でも、期待されている以上ことをやるという姿勢です。私は「頼まれごとは試されごと」「自分にできないことは人から頼まれない」ということを本で学んでいたので、それを実際の現場で発揮しようと思っていました。そこで私は「全ての仕事は大好きな彼女から頼まれたことだ」と考えるようにしました。すると、休んでなんかいられない、彼女を喜ばせてやるぞと気合が入りました。そうして目の前の仕事を一生懸命やっていると他にもいろいろな仕事をさせてもらうことができ、本当に楽しく仕事をさせていただくことができました。

そのほかにも様々な姿勢を学ばせてもらいました。そこで気がついたことは「やればできるのだから、あれこれ考えずに目の前のことに一生懸命になれる考え方をすれば良い」ということです。そうして自分を変えていきました。すると、不思議なことに自分が一生懸命になってやっていると周りの皆さんがサポートしてくれるのです。そのサポートしてくださる皆さんのおかげでまた頑張ることができます。この不思議な体験ができたことは、私の人生の中で必ず大きな財産となると思います。

今後の目標・夢

私の将来の夢は「経営者として成功し、経営コンサルタントとして自分の考え方を講演会や本を出版するなどして人に伝え、人々を幸せにできるような、人の役に立てるような人間になる」ことです。私は1人でも多くの人を喜ばせたい、幸せにしたい、役に立ちたいと思っています。私は考え方ひとつで人生は大きく変わっていくことを信じています。このことを一人でも多くの人に伝えて夢の持てない人、前向きに人生を送れていない人、将来が不安で今を楽しめていない人たちを幸せな方向へ導いてあげるような存在になりたいです。

どれだけ先のことになるかは分かりませんが、私は必ず達成できると信じています。目の前の人、目の前のことを大切にして1日1日を一生懸命に生きていき、人を動かすことのできる魅力のある人間になりたいです。

感想

メモリーでインターンシップをやってみて、本当に多くのことを学ぶことができました。また、社会に出てみて自分がいかに未熟であるかということを知りました。これも実際に社会に出てみなければわからないことだったので、自分の未熟さを知れたこの10日間には大きな価値があると思っています。

メモリーでは仕事の幅も広く、毎日楽しく仕事をさせていただき本当に幸せな日々でした。会社の売上には直接的な関係がない私たちに気を配ってくださる企業は他にはないと思います。目の前の1つ1つの仕事に一生懸命に取り組むことができる環境を作ってくださったメモリーには感謝の気持ちでいっぱいです。この経験は私の財産となっていくと思います。メモリーのインターンで学んだことを今後の人生に活かして、1日1日、1つ1つのことを大切にしていきたいと思います。

 
TOP
 

名古屋外国語大学 3年
新美 結菜

インターンシップ参加の動機

私がインターンシップ研修に参加を希望した理由は、大きく分けて4つあります。

1つ目は、座学だけではなく、実践をしたいと思ったからです。秘書検定やビジネス実務マナー検定の勉強、大学の講義で仕事について学ぶ機会は多くありましたが、座学では分からないことがほとんどだと思い、実践によりもっと多くの知識を得たいと思いました。

2つ目は、今の自分がどの程度通用するのか試すためです。今の自分の考え方や、学んできた知識などがどの程度社会の中で通用するのか試したいと思いました。

3つ目は、視野を広げるためです。12月から本格的に始まる就職活動の前に、仕事、社会について知り、自分の視野を広げようと思いました。

4つ目は、今後の課題を見つけるということです。1つ目、2つ目の志望動機から、普段の学生の生活では気づけないことに気づき、今後自分がどのようなスキルを身につけるべきなのかなど、今後の課題を見つけたいと思いました。

以上4つが私がインターンシップ研修に参加を希望した理由です。

研修の成果

私は15日間のインターンシップ研修で、電話、総務の仕事、カスタマーサポートの仕事と3つの部署の仕事をやらせて頂きました。

電話の仕事は、気持ちの切り替えや、続けることの大切さ、楽しみを見出すことについて学びました。1日に約150件のお客様に電話をかけていたのですが、断られることが当然で、50件以上連続で断られることもありました。そんなとき、初めは、気分が滅入ってしまいましたが、6日間電話の仕事をしているうちに、うまく気持ちを切り替えて電話をかけ続けることが出来るようになっていました。さらに、回数を重ねていくうちに多くのお客様から聞かれた予期しない質問にも、戸惑わず答えられるようになっていました。このことが続けることの大切さだと思います。また、仕事の楽しさを見出すことについてですが、私が電話をかけていたのは青森、福島、東京の介護施設だったのですが、それぞれの県民性や方言などが電話口から伝わってきて、まるで日本を旅しているような気分を味わえました。そういった楽しみを見つけ、自分のモチベーションとすることがとても大切だということを学びました。

総務の仕事では、データ入力、スタンプ押し、チラシ折り・詰め、ボールペン詰め、伝票整理、お茶だしなど、実に多くのことをさせて頂きました。しかし、総務の仕事はこれだけではなく、こういったことよりももっと多くのことを社員の方はこなしていました。仕事の量や幅がアルバイトとは比べ物にならないと驚きました。総務の仕事を通して学んだのは、知識だけではだめだということ、仕事に対する意識などです。秘書検定などでお茶だしの知識は学びました。しかし、実践するのはこれが始めてでした。右側からお茶を出すと勉強しましたが、右側からお茶が出せない状況にも遭遇しました。これはあくまで例ですが、座学で得る知識には限界があります。実践でしか分からないこと、座学で得た知識だけではだめだということを痛感しました。また、総務の仕事はカタログにスタンプを押す、チラシを折って封筒に入れるなど、雑用といってしまえば雑用と感じてしまうものも多くあります。しかし、最終的にお客様に渡るものであり、なくては困るものであり、それを雑用と捉えるのか仕事と捉えるのかは自分次第だということを社員の方がおっしゃったのを聞いて、その仕事で何が求められ、何が重要で、何が問題点なのかを考えて仕事をするのが、とても重要なのだと感じました。

カスタマーサポートの仕事では、CSの社員さんに同行させて頂き、実際にお客様先を一緒に伺い、複合機のプリンターの拭き掃除をしていました。私は複合機やプリンターについての知識はないので、拭き掃除をしていただけでしたが、社員の方はお客様とコミュニケーションをとりながら、もっと多くのことをしていました。CSの仕事で学んだのは、時間管理、健康管理の大切さです。もちろん他の部署でも時間管理は重要だと思いますが、お客様を相手にする仕事なので、きちんと時間を管理しなければいけないと感じました。また、より多くの仕事をこなすためにも、時間管理は重要だと感じました。健康管理が大切だというのは、私がCSに同行させて頂いた日はとても暑く、そんな中で車で何時間も移動し、体を動かして仕事をするには体力が必要で、健康管理をしていなければ仕事にならないと身をもって実感したからです。

それぞれの部署で学んだことという形で、学んだことを挙げさせて頂きましたが、それぞれ学んだことはどの仕事をする際にもとても重要だと思いました。インターンシップ研修を通して学んだことは上記のことよりももっと多く、これは一部に過ぎません。インターンシップ研修では本当に多くのことを学ばせて頂きました。メモリー株式会社のインターンシップ研修に参加して本当に良かったと思います。残りの大学生生活や、その先の社会人生活にインターンシップ研修で学んだことを生かしていきたいと思います。

これからの目標

これからの目標として、3つのことを挙げたいと思います。

1つ目は、実践を積む機会を自ら作るということです。座学だけではまだまだだということを痛感したので、実践を積む機会を積極的に増やそうと思います。

2つ目は、楽しみを見つけ、続けることです。これから先も、自分が嫌だと感じることには必ず出会うと思いますが、そんな時にも楽しみを見出し、続けたいと思います。

3つ目は、元気にあいさつをするといことです。学生でも社会人でもあいさつは基本だと感じたので、日ごろから元気にあいさつをするよう心がけたいと思います。

 
TOP
 

名古屋外国語大学 3年
田鹿 美優

インターンシップ参加の動機

私がインターンシップを希望した主な理由は2つあります。

1つ目は、学生やアルバイトと社会人の違いをみつけるためです。今までは「就職なんてまだ先の話だから…」と、考えるのを後回しにしていました。しかし就職活動が迫るにつれて、日に日に不安感が増してきました。なぜなら、自分が思っている以上に私は会社や仕事に関して無知であったからです。この研修を通して、自分自身が“働く”ことについて真剣に考え、向かい合わなければならないと思いました。

2つ目は、未だ曖昧な自分の希望業種を明確にするためのヒントを得るためです。私はまだどのような仕事をしたいか正直はっきり決まっておりません。そのため、まずは実際に仕事を経験してみようと思いました。そして様々な仕事をしていくうちに、自分はどのような仕事をしたいのか、インターンシップという良い機会を利用して徐々に明確にしていけたらと思ったからです。

研修の成果

今回の研修では主に電話、総務、そしてカスタマーサポート業務の同行という3つの仕事を経験させていただきました。

はじめに電話の仕事をさせていただきました。仕事に取り掛かる前はネガティブな気持ちが大きく、教わった通りにやるのが精一杯でした。しかし継続して仕事をしていくうちにだんだん仕事に慣れていくことができ、気持ちに余裕が生まれました。最終日には、堂々と胸を張って仕事ができるようになりました。

次に、総務の仕事を経験しました。総務の仕事はとても幅広く、データ入力や書類整理から来客対応まで様々なことをしなければならないため、イメージとは違いとても大変な仕事だと思いました。データ入力などの仕事は決して楽しい仕事とは言えませんが、それを自分の中でどうとらえるのかが重要であると学びました。どのような小さい仕事でも雑用と思わず積極的に進んでやる意識が大切だと総務の仕事を通して感じました。

最後に、CSというカスタマーサポートの仕事に同行させていただきました。この仕事では、CSの社員の方とお客様先を伺い複合機の修理を見学や、複合機の外面の拭き掃除をしました。この仕事では、主にあいさつの大切さについて学ぶことができました。お客様先でのあいさつで自分の印象も、会社の印象も決まってしまいます。当たり前のことですが、あいさつがしっかりとできることは、自分にとっても、周りにとっても、重要なことであると感じました。
以上の3つの仕事を経験し、インターンシップ全体を通して学んだことが2つあります。

1つ目は、当たり前のことが当たり前にできることの大切さです。あいさつや返事などは当たり前のことですが、私の普段の学生生活では疎かになっていました。これらは社会人になるにあたって非常に重要なことであり、必要不可欠なことです。

2つ目は、仕事への意識の持ち方です。どのような小さな仕事でも、つまらないと思って取り組むと、つまらない仕事にしかなりません。仕事を楽しくするのは自分自身です。全ての仕事において前向きな姿勢で取り組むことが重要だと学びました。

これからの目標

15日間のインターンシップを通して、新たな目標がいくつかできました。それは、多くの人とコミュニケーションをとること、向上心を忘れないこと、そしてあいさつ・返事をしっかりすることです。自分が今までの学生生活では明確な目標もなく、ただ漠然とした毎日を過ごしていました。残りの学生生活では以上のことを意識し、研修で学んだことを忘れず、意味のある毎日を過ごしていきたいです。

TOP

「とんがったスタイル」「トンガリスト」はメモリー株式会社の商標登録です。

Copyright (C) memoly All Right Resereved.